スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチッっ♪といただく皆さまからの応援に 心から感謝いたします☆

大浴場メンテナンスカレンダー3月・4月

皆様、こんにちは!
大浴場メンテナンスカレンダー3月・4月をお知らせいたします。

筑波山梅まつりは3/21(水祝)まで開催しております。
お待ちしております!

bath skd2018mar

テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行


カチッっ♪といただく皆さまからの応援に 心から感謝いたします☆

大変身?!

お久しぶりです!MAKです。
まだまだ暑い日が続きますね。
台風も次々やってきて被害が心配されます。

7月に外壁の塗り替え工事を行いました!!!
約45年ぶりにお色直し?!
なかなか落ち着いた感じに仕上がりましたよ。

20160805_150442.jpg

ぜひ新しい装いを見にいらしてくださいね♪

カチッっ♪といただく皆さまからの応援に 心から感謝いたします☆

笹の葉さーらさら♪

こんばんは
ご無沙汰してしまいました
みくです

もう7月になりましたね
7月といえば・・・
七夕
先日小さなお子様が七夕の歌を歌っていてほっこりしました

当館にも七夕飾りを飾りました

IMGP5370.jpg

IMGP5372.jpg

IMGP5365.jpg

今年は例年に比べてたくさんの短冊が下がっています
お客様も従業員もたくさん書いてくれました
願い事がいっぱいで笹が少し下がり気味です・・・

また、毎年恒例
第12回筑波山頂七夕まつり
平成27年7月23日(木)~26日(日)
七夕まつり

筑波山頂から短冊に願いを込めて、
今年も筑波山頂七夕まつりを開催いたします。

標高800m付近、筑波山ケーブルカー筑波山頂駅駅前に広がる『御幸ヶ原』にて、
約20本の七夕飾りが舞い、夏の筑波を雄大に演出します。

筑波山は男体山頂に『イザナギノミコト』、女体山頂に『イザナミノミコト』をお祀りし、
この二神が夫婦であることから、夫婦和合、縁結びのご神徳があるといわれております。

『御幸ヶ原』は男体山、女体山のちょうど中間地点となっており、
夜になると二神が山頂からお降りになり夫婦の愛を確かめ合ったといういわれもある神聖な場所でございます。

筑波山の中の聖地で短冊に願いを込めてはいかがですか?

7月26日(日)に行われる神事は、皆様にお書きいただいた短冊の願い事が成就するよう、
筑波山神社によりご祈祷されるものです。
7月25日(土)、26日(日)の2日間、小学生以下のお子様に限り、
筑波山ケーブルカーを無料(ロープウェイの利用は有料)でご乗車いただけます。

みんなの願いが叶いますように・・・
カチッっ♪といただく皆さまからの応援に 心から感謝いたします☆

敬老の日は家族みんなで筑波山♪

こんにちは
みくです

今週末はお天気もいいようです

9月15日(月)敬老の日限定
筑波山ケーブルカー・ロープウェイ
敬老の日【70歳以上乗車半額キャンペーン】

敬老の日を記念して、70歳以上のお客様の乗車料金を
半額にするサービスを実施いたします

この機会に是非、筑波山にお越しください

1208tsukubamtpower1.jpg

◇実施日
平成26年9月15日 月曜日
当日、強風などによりケーブルカーもしくは
ロープウェイの運行が休止になる場合もございます。
ご了承下さい。

◇キャンペーン料金
2407b6002380b3222be8faf57ca4c40a-500x356.jpg
*ケーブルカー
往復 1,050円 →530円
片道 580円 →290円

th_IMG_1548-320x212.jpg
*ロープウェイ
往復 1,100円 →550円
片道 620円 →310円
上記の料金から、他の割引券などを併用してさらに割り引くことはできません。
ご了承下さい。
上記のサービスは各駅の窓口にて受付いたします。


◇半額キャンペーン対象者
平成26年9月15日までに70歳になられている方限定
年齢確認のできる身分証をお持ちのうえ、
ケーブルカーかロープウェイの駅窓口にお見せ下さい。
乗車券を半額にてお求めいただけます。


敬老の日のお祝いに、そして日頃の感謝と今後の健康を祈って、
家族みんなで筑波山へお越しくださいませ
カチッっ♪といただく皆さまからの応援に 心から感謝いたします☆

十五夜お月様♪

こんばんは
ちょびです
最近暑くなったり寒くなったり温度の変化が激しくてついていけません
わたしもちょっと喉が痛かったり・・・
今日もちょっと涼しかったですね
そしてあいにくのくもり空
今日は十五夜できれいなお月様見たかったんですけどねー
雲がどいてくれるのを祈りましょう

【十五夜とは】
本来、十五夜は満月のことなので年に12回または13回めぐってきます。とくに旧暦の8月は1年の中で最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から観月の宴が開催され、江戸時代から収穫祭として広く親しまれるようになり、十五夜といえば旧暦の8月15日をさすようになりました。また、十五夜のほかにも十三夜、十日夜(とおかんや)を楽しむ風習があります。
空が澄み渡るこの時期は月も美しいため、「ちゅうしゅうの名月」と呼ばれていますが、「仲秋の名月」「中秋の名月」と書き、漢字によって意味が違ってきます。


【仲秋の名月】
旧暦において秋とは7月・8月・9月をさし、さらに7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といいました。つまり仲秋とは8月の別称で、“仲秋の名月=8月の名月”という意味になります。
【中秋の名月】
秋のちょうど真ん中の日を中秋といい、8月15日が中秋にあたります。そのため、“中秋の名月=8月15日の名月”という意味になり、十五夜のときは中秋の名月と書く場合が多いのです。

また、秋の収穫に感謝するお祭りでもあり、この時期収穫される里芋などの芋類をお供えするので「芋名月」ともいいます。

ちなみに十五夜の日が必ず満月のなるとは限らないようですよ!

そして当館で十五夜の飾りやってみました
十五夜

見よう見まねでお団子飾ってみました☆
なかなか難しかったなー

お月様見えますように


続きを読む »


カチッっ♪といただく皆さまからの応援に 心から感謝いたします☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。