*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは
ちょびです
最近暑くなったり寒くなったり温度の変化が激しくてついていけません
わたしもちょっと喉が痛かったり・・・
今日もちょっと涼しかったですね
そしてあいにくのくもり空
今日は十五夜できれいなお月様見たかったんですけどねー
雲がどいてくれるのを祈りましょう

【十五夜とは】
本来、十五夜は満月のことなので年に12回または13回めぐってきます。とくに旧暦の8月は1年の中で最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から観月の宴が開催され、江戸時代から収穫祭として広く親しまれるようになり、十五夜といえば旧暦の8月15日をさすようになりました。また、十五夜のほかにも十三夜、十日夜(とおかんや)を楽しむ風習があります。
空が澄み渡るこの時期は月も美しいため、「ちゅうしゅうの名月」と呼ばれていますが、「仲秋の名月」「中秋の名月」と書き、漢字によって意味が違ってきます。


【仲秋の名月】
旧暦において秋とは7月・8月・9月をさし、さらに7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といいました。つまり仲秋とは8月の別称で、“仲秋の名月=8月の名月”という意味になります。
【中秋の名月】
秋のちょうど真ん中の日を中秋といい、8月15日が中秋にあたります。そのため、“中秋の名月=8月15日の名月”という意味になり、十五夜のときは中秋の名月と書く場合が多いのです。

また、秋の収穫に感謝するお祭りでもあり、この時期収穫される里芋などの芋類をお供えするので「芋名月」ともいいます。

ちなみに十五夜の日が必ず満月のなるとは限らないようですよ!

そして当館で十五夜の飾りやってみました
十五夜

見よう見まねでお団子飾ってみました☆
なかなか難しかったなー

お月様見えますように




▼続きを読む▼

この記事へコメントする















    MONTHLY

tsukubasanedoya

Author:tsukubasanedoya
FC2ブログへようこそ!


いつも「とはずがたり」を
応援していただきまして、
誠にありがとうございます♪
ブログランキングに参加しています!
カチっとクリックしていただけると、
大変うれしいです☆
これからも毎日更新、
頑張ります!!!


©Plug-in by
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。