茨城県つくば市にある旅館「筑波山江戸屋」公式ブログです。旅館の出来事や筑波山周辺情報、日帰り入浴休業日など発信していきます。

お内裏様とお雛様♪

こんばんわ、きなこです!
今日は暖かかったですね。春が近づいてきてるんだなぁ、と実感した一日でした


さて、タイトルの歌、皆さまなんだかわかりましたか?
そう「おひなさまです!
いよいよ3月3日のひなまつりが近づいてきました。女の子のお子様がいる家庭では
そろそろひな人形を飾る準備をしているのではないでしょうか?
今日はひな人形について少し調べてみました。

「ひな人形の由来」
ひな人形にはふたつのルーツがあります。 ひとつは紙や草で作った人形で、これを「ひとがた」といいます。
中国で3月上旬の巳の日に川で身を清めて厄をはらう「上巳節(じょうしのせつ)」という行事があり、
これが日本に伝わって、自分のからだをなでてけがれを移した「ひとがた」を川に流すようになりました。
また、木や布で作った人形を子供の魔よけにする風習もあり、人の厄をはらうために
人形が重要な役目をはたしてきました。

もうひとつのルーツは、「ひいな遊び」という人形遊びです。
平安時代に、貴族の子供達の間で紙の人形でおままごとをする「ひいな遊び」が盛んになりました。
「ひいな」とは「ひな」の古語で、大きなものを小さくする、小さくてかわいらしいものという意味です。
これらが結びついてけがれを移した人形を川に流す「流しびな」となり、
人形作りの技術が発達すると川に流さず家に飾るようになりました。
今でも「流しびな」をする地域があります。

やがて江戸時代に3月3日が「上巳の節句」「桃の節句」と定められると、
豪華なひな人形や段飾りが作られるようになります。等身大の大きなひな人形まで登場したので、
ぜいたくをきせいするために、人形は24センチまでとする決まりまでできました。
こうして、女の子が生まれるとその娘にひな人形を用意し、不幸はその娘の身代わりとなって
人形に受けてもらい、健やかに成長しておひなさまのように幸せが訪れることを願うようになったのです。


……だそうです。いろいろ由来があるんですねー。

ちなみに大きさもさまざまあり、一番大きくて一般的なのが十五人飾りの七段だそうです。
(江戸屋に飾ってあるひな人形も七段です)
きなこのうちにあるひな人形は三段(お内裏様お雛様、三人官女、嫁入り道具)で、
これが一番小さいかと思いきや大間違い。
一番は親王飾りと呼ばれるお内裏様とお雛様のみのひな人形でした。
ちとシンプルすぎないか…

このほかにも時代とともに変化してきた、いろいろなひな人形があります。
そんな数々のひな人形を楽しめる「真壁のひなまつり」
いよいよラストスパートを迎えます!
3月3日までですので是非是非お越しくださいまし
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ちょっとプレイバック!

複眼RSS
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

    MONTHLY

Lc.ツリーカテゴリー
リンク
プロフィール

tsukubasanedoya

Author:tsukubasanedoya
FC2ブログへようこそ!

筑波山江戸屋より皆様へ

いつも「とはずがたり」を
応援していただきまして、
誠にありがとうございます♪
ブログランキングに参加しています!
カチっとクリックしていただけると、
大変うれしいです☆
これからも毎日更新、
頑張ります!!!


おみくじ

©Plug-in by