東風吹かば、匂いおこせよ、梅の花、主無しとて、春を忘るな

こんばんわ、きなこです!
昨日は嬉し恥ずかしバレンタインでしたね。
きなこも先輩や同期から頂きましたー!ありがとうございますエヘ(*^^)'-'*)ウフ
ホワイトデーにお返しをするつもりなのでよろしくお願いしますー。

さて、本日のタイトル……みなさんなんだかわかりますか?
受験の神様として有名な菅原道真公が詠んだ歌です。
意味は「春の東風が吹くようになったら、花を咲かせて香りを届けておくれ、梅の花よ。 私(菅公)がいなくても、春を忘れないでいておくれ 」です。
この歌は道真公が大宰府に左遷される際、庭の梅の木に向かって詠んだといわれています。
その後、公を慕った梅の一枝が飛んできて大宰府に根を下ろしたという「飛梅伝説」が有名ですね。
きなこはこの歌を授業で習ったのですがとても印象に残っており、梅の花を見るといつも思い出します。

そして今年もそんな歌を思い出す季節がやってきました……そう筑波山梅まつりが明日からはじまります!!
一万本の梅の花だけでなく筑波山から広がる関東平野の景観を楽しんだりできるだけでなく、ガマの口上や梅茶の無料サービスなど期間限定のイベントも盛りだくさん
ぜひぜひお越しくださいませ!

そしてそして……真壁のひなまつりも絶賛開催中です!
SN3S00540001.jpg
このようにちょっと変わったおひなさまも見れますよ

梅まつりにひなまつり…少し早い春をお楽しみください
ではではきなこでしたー。
カチッっ♪といただく皆さまからの応援に 心から感謝いたします☆

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)